講演 「高齢者に必要な法律知識」

  • 2013.06.12 Wednesday
  • 11:57


公益財団法人横浜市老人クラブ連合会の開催する
「横浜シニア大学」の講座に、
毎年、横浜弁護士会から講師を派遣しています。

私もその一人として、
横浜市の旭区と港南区で、
毎年1回ずつ講演をしています。


今年も、先日講演をしました。
2会場とも、50〜60名の方々が参加されました。
毎年のことですが、皆さんとても熱心に受講されます。


内容は、
1 「相続」についての法律(民法)のきまりごと
2 相続に自分の気持ちや希望を反映させ、家族に手間をかけさせず紛争を予防するための「遺言」の書き方
3 安心して老後生活を送るための「財産管理」の方法(任意後見契約や成年後見など)
について、
ときに相談例,紛争例なども交えて(もちろん当事者が分かるような話はしません)
解説します。

また、今年のトピックスとして
・非嫡出子の法定相続分 見直しの可能性
・相続税 基礎控除の引下げ
についてお話ししました。


参加された方々には、
講演の内容を
ご自身やご家族にあてはめてもらい、
心配なことや相談したいことがあれば、
先延ばしにせず、この機会に法律相談することを
いつもおすすめしています。

相談すれば、次にするべきことが見えたり、あるいはその必要がないことが分かるでしょう。

最初の一歩を踏み出すことが、肝心なのだと思います。