大学教授の講義

  • 2016.10.14 Friday
  • 20:39

 

以前にも書きましたが、
私の所属する弁護士会は、横浜国立大学との共催で
大学教授、准教授を講師に招く研修会を実施しています。

 

今年度のテーマは、憲法、法哲学、間接強制、民法改正法案と近時の最高裁判例、租税法。
普段ふれることの少ないテーマも、頭をリフレッシュして視野を広げてくれます。

 

法科大学院生を教えている教授達は、
我々の学習効果も意識してくれているのか、
講義は総じてわかりやすく、展開もよく練られていると感じられ、
学生時代の学ぶ楽しさを思い出させてくれます。

 

弁護士や裁判官など実務家の講義も即効性があってよいですが、
大学教授の講義にはまた別のよさがあります。

 

夏休み/ホームページの修正

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 19:21

 

 

8月第1週を夏季休業とさせていただき、ご迷惑をおかけしました。
やや不安定な天候でしたが、おかげさまで大いにリフレッシュできました。

 

少し前になりますが、当事務所ホームページに若干の修正を加えました

(スマートフォン版はこちら)。
今年4月に、私の所属する弁護士会の名称が

横浜弁護士会から神奈川県弁護士会に変わったのがきっかけですが、
合わせて文字サイズを少し大きくして見やすくしたり、
私の紹介欄も最新の内容にしました。
ぜひご覧くださればと思います。

 

高齢者に必要な法律知識/相続・遺言と老後の財産管理

  • 2016.06.24 Friday
  • 11:07

 

 

林を抜けて海へ出る道。歩くときはいつもわくわくします。

 

さて、先日、横浜シニア大学の講座
「高齢者に必要な法律知識/相続・遺言と老後の財産管理」
の講演を港南区と旭区でしてきました。

 

毎年恒例の講演ですが、
新しいトピックスとして、

 

・相続法改正の動き
配偶者の居住権の保護や配偶者の相続分の見直し、

自筆証書遺言の方式の緩和、遺留分制度の見直しなどが検討項目です。
中間試案がまとまり、今後パブリックコメントの実施が予定されています。
ただし、改正の時期、内容ともに未定です。

 

・空き家の譲渡所得の3000万円特別控除
相続開始により空き家となった不動産の処分を進めやすくなります。

 

などのお話をしました。

 

現行法のもとではもちろん、

相続法の改正が実現して現行法による不都合が多少改善されたとしても、
相続人の間で遺産を分ける以上、紛争はなくならないでしょう。

 

財産を残す人が遺言をして、遺産の分け方などを決めておけば、
相続人の間で紛争が起きる可能性はぐっと減り、
また相続人や遺産を調査する手間もかからなくなります。

 

自身のため、家族のために、
全ての人が遺言をすることが理想であるとお話ししました。

 

 

特別な日のランチ

  • 2016.04.01 Friday
  • 11:45



鎌倉山(横浜関内支店)のローストビーフ。
はじめて口にしたときは
私の持っていたローストビーフの概念が変わりました。

普段は事務所の周辺に売りに来ているお弁当屋でワンコイン弁当
という日も多いですが(いろいろ種類があって美味しいのです)、
特別なときに利用するお店の1つです。
近くの横浜海岸教会の桜もちょうど見頃で、幸運でした。
 

花粉症の季節に

  • 2016.03.04 Friday
  • 18:36

8年ほど前、スギ花粉に対するアレルギーがあることが分かりました。
毎年この時期はしんどいのですが、
今年は症状の出始めはきつかったものの、
いまのところうまく薬で抑えられています。
薬の副作用もほとんどなく、
春を待つ喜びを例年以上に感じています。

花粉症の時期も、風邪が流行る時期も、
曜日や時間を問わず、
オンタイムは同じレベルの仕事をすることを心がけています。
そのためには良い体調を維持することがとても大事ですね。