「相手をリスペクトしすぎない」こと

  • 2015.03.31 Tuesday
  • 18:27

サッカー日本代表のハリルホジッチ新監督は、
日本代表のDF陣の相手FWに対する当たりの弱さを指摘し、
相手に対してリスペクトしすぎている
と語ったということです。

そういえば、昨年のワールドカップ初戦で
コートジボワールに敗れた試合後、本田圭佑選手が、
相手の前線の選手をリスペクトしすぎたことが敗因
と語ったというニュースもありました。

世界的に有名な選手を前にしても怖じ気づくことなく、
文字通りぶつかることが必要なのですね。

依頼を受けた事件で交渉や訴訟をするときも
「相手をリスペクトしすぎない」ことが大事だと思います。
相手の代理人が弁護士会の重役や、著名な弁護士であっても、
事件では一弁護士同士、対等の意識で主張を戦わせています。
礼を失することはないようにしますが、それは若手弁護士相手でも同じです。

というわけで、
ハリルホジッチ監督に共感します。
激しく守備をする新生日本代表に期待しています。