横浜シニア大学講演/高齢者の法律知識

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 18:46

 

 

梅雨で雨の日でも、きれいな青空が顔をのぞかせるときもありますね。
空を見上げる心の余裕をいつも持ちたいものです。

 

さて、毎年恒例の横浜シニア大学講演の時期になりました。
タイトルは「高齢者の法律知識−相続・遺言と老後の財産管理」です。

 

相続・遺言や後見の基礎的な法律知識に加え、

新しいトピックスとして、
・預貯金が遺産分割の対象に(最高裁の判例変更)
・「法定相続情報証明制度」の開始
・相続法改正の動き

・成年後見制度の利用促進
などについてお話ししています。

 

毎年この講演を担当することが、
最新情報へのアンテナを高く張る動機付けになっています。
講演の機会をいただいていることに感謝しつつ、
毎年少しずつでも内容を高めていきたいと思います。

 

司法修習生が来ます

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 18:20

 

 

先日相模原の裁判所に行ったとき
思いがけなく桜のトンネルを通ることができました。
相模原駅周辺にはスケールの大きい桜並木がありますね。

 

さて、4月下旬から司法修習生が来て、

6月半ばまで、私が弁護修習の指導を担当します。
当事務所が迎える3人目の司法修習生です。

 

弁護士の実務や法律事務所の経営にとどまらず

仕事を通じて見える人の営みや心情、社会問題まで

広く吸収していってほしいと思います。


指導のため打合せや法律相談に司法修習生を同席させていただくことがあります。
司法修習生も弁護士と同じように守秘義務を負っていて
これをしっかり守るように指導しますので、
どうぞご理解を賜りますよう、宜しくお願いいたします。

 

チューター卒業

  • 2017.02.03 Friday
  • 19:06

 

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
1月に熱海でつかの間の骨休めをしました。

 

さて、弁護士会のチューター制度について以前書きましたが、
その後チューターを3年務めてこの度卒業しました。

 

新人弁護士たちには、ボス・先輩や事件に恵まれた人もいれば、
登録と同時に独立する人、1年で事務所を移る人、丸投げされた仕事で忙しすぎる人なども。

 

みな同じ班となった縁を大事にして
これからも同期で助け合い、励まし合い、刺激し合って、
楽しく充実した弁護士人生を送ってほしいと思います。

 

この制度では私自身勉強させてもらいましたし、
若手の弁護士と知り合って、その置かれた状況を知る貴重な機会となりました。
新人弁護士たちにもいつかチューターをやってもらい、
この制度を担っていってほしいと思います。

 

今年一年ありがとうございました

  • 2016.12.28 Wednesday
  • 22:14

 

 

写真は先日クラブワールドカップのため来日したレアル・マドリードの試合の一コマ。
技術はもちろん、肉体能力や精神面(勝ちきるメンタリティ)でも世界のトップなのだなと感じました。
来年・再来年はアラブ首長国連邦での開催のようですが、また日本で開催されるのを楽しみにしています。

 

今年は当事務所の取扱業務のほぼ全般にわたる多種多様な事件に取り組みました。
数十件を同時に進行させますが、目の前の一つの仕事への集中をいかに高めるか意識してきました。


ご依頼・ご相談してくださる皆様、いつも効率よく働いてくれる事務職員に感謝しつつ、仕事納めとしたいと思います。

12月29日から1月4日まで年末年始のお休みとさせていただきます。
2017年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

大学教授の講義

  • 2016.10.14 Friday
  • 20:39

 

以前にも書きましたが、
私の所属する弁護士会は、横浜国立大学との共催で
大学教授、准教授を講師に招く研修会を実施しています。

 

今年度のテーマは、憲法、法哲学、間接強制、民法改正法案と近時の最高裁判例、租税法。
普段ふれることの少ないテーマも、頭をリフレッシュして視野を広げてくれます。

 

法科大学院生を教えている教授達は、
我々の学習効果も意識してくれているのか、
講義は総じてわかりやすく、展開もよく練られていると感じられ、
学生時代の学ぶ楽しさを思い出させてくれます。

 

弁護士や裁判官など実務家の講義も即効性があってよいですが、
大学教授の講義にはまた別のよさがあります。